アシュレイマディソンで不倫をしてみたい方のための徹底ガイド


アシュレイマディソンについて
新着情報
カテゴリ
アーカイブ

【不倫】新人派遣社員に顔射した話

【不倫】新人派遣社員に顔射した話 

掲載日:2015年07月31日

【不倫】新人派遣社員に顔射した話
私には妻があり、会社ではいわゆる中間管理職の立場にある。

秋、私の課に新人の派遣社員が配属になったのだが、

これが美人でスタイル良し、性格良く、仕事も出来る。

22歳という若さもそそった。

当然だが、周りのの男は彼女に釘付けだった、

何かにつけて彼女を誘い出そうとしているが、

彼女はこういう事に慣れているのか、さりげなく上手くかわしていた。

そんな彼女を見ていると私もだんだんと彼女を「女」として意識するようになっていった。

週末、仕事が終わるタイミングが一緒だったので、

軽く食事に誘ったところ、彼女はあっさりOKしてくれた。

そこからはとんとん拍子でホテルに誘い込むことができた。

ホテルに行くと、彼女は、緊張していたかと思えば。

ベットが広くて喜んでた。

そして、私は、「シャワールーム入るよ」と言うと彼女は、

「行ってらっしゃい」と。

私は、すかさず、「何言ってるの!一緒に入るんだよ」と一言。

彼女は、「そうなの!?一緒に?」

私はすぐ手を掴み、シャワールームまで連れて行った。

私が、無造作に脱ぎだすと、彼女も観念したのか

恥ずかしそうに脱ぎだした。

私は、ちらちら見てると

彼女は、「あんまりこっち見ないで!」と。

そんな事言われてももちろん見ていたが。

脱いで解った事は、想像より胸が大きく綺麗だった事。

私が、胸の事を褒めて、サイズを聞くと

「Eかな」と胸を隠しながら答えた。

私は、その時はもう素っ裸だったから、彼女は目のやり場に困ってた。

そして、シャワールームに行きシャワーを浴びる。

私は、石鹸で彼女の体を肩から洗ってあげたら

「恥ずかしい・・・」といいながら私を見つめてきた。

私は、その表情がたまらずキスをした

すると、彼女も舌を入れてきた。

彼女の舌は長く、私も舌を絡めるように吸い付いた。

彼女は、「ハァァー、アァー」と吐息を吐いた。

そして、私はすぐさま胸を右手で鷲づかみすると。

「ンン!ハァー」と少しビクついた。

私はそのまま乳首を中心に攻めた。

胸は、適度に弾力があり乳首もバランスがよくホンとに美乳だった。

私は、もう我慢できず乳首を舐めまわした。

彼女は、「アァー!イャ、ア!アッ!」と

体をクネクネと、もがくように動いた。

私ももうイキそうになったので、

正常位へ。そして、深く入るようにピストン運動をした。

彼女、「もうダメ!!気持ちいぃ!!ア!イっちゃう!!」

私も限界で、どこにだせばいいか聞くと、

「お腹に…、はぁ!あ!あ!」と言うので

私は、抜いて思いっきり顔面に射精した。

あまりにも大量に出たので、彼女の両目の口と鼻は精液で溢れていた。

そして私の陰茎を口に押し込み最後の一滴まで残さず彼女の口の中に絞りだした。

アシュレイマディソン関連情報

オススメ記事

▲アシュレイマディソンで不倫をしてみたい方のための徹底ガイド-トップへ戻る