アシュレイマディソンで不倫をしてみたい方のための徹底ガイド


アシュレイマディソンについて
新着情報
カテゴリ
アーカイブ

急速なIT化による不倫バレのリスク

急速なIT化による不倫バレのリスク 

掲載日:2015年08月03日

不倫バレ
円満な夫婦がとあることがきっかけで不倫がバレるケースが増えてきている。
その理由はIT化だ。Aさんの妻はフェイスブック上で趣味のサークルを見つけた。
男女で30人程度のグループで日帰りの旅行などにいくという。
普段、家事や育児をこなす妻の息抜きになればとAさんは快くサークルの参加を勧めた。

そのサークルに参加すると前にもまして妻が生き生きとし始めた。
妻の生活に張りが出たことを最初は素直に喜んでいたが、妻がサークルの集まりといって土日はよく家を空けるようになった。

さすがにいくらなんでも多すぎるな。とAさんは思った。そして、もしや「浮気」をしてるのではと思い始めた。

そういう疑心暗鬼になると、もはや居ても立ってもいられない。

Aさんの妻はiphoneを使っていて定期的にバックアップをパソコンに取っていた。
家庭の共用のパソコンでiTunesを開いた。パスワードは普段妻の指の動きから誕生日だということはおおよそ推測できた。恐る恐るパスワードを入力するとログインすることに成功。

そして…iTunesを開くと…

「愛してる」「一緒にベットに入りたい」

妻の浮気のチャットログが出てきた。そしてDropboxというクラウド共有サーバーには浮気相手の下半身の画像や、妻の淫らな姿が大量に…

案の定、妻はサークルで知り合った男性と浮気をしていたのだ。

そこで妻に問いただすこともできたのだが、それでは腹の虫が収まらない。

Aさんはなんとか浮気相手といるところを押さえて、男ともども締めあげてやろうと思った。

妻の履歴から次に二人で会う日を特定し、そして妻の居場所を突き止める。
そのために使った奥の手がGPSを使った「iPhoneを探す」という機能。
本来なら紛失した時に使用する機能だが、Aさんは妻のiPhoneを自分のパソコンから特定することで妻の行動や位置が手に取るようにわかったのだ。

ITの進化で気軽に浮気やセフレを見つけられるようになったが、便利になった機能をフル活用することで、本来なら探偵や業者しかできなかったことがパソコンひとつで出来るようになった。

不倫はバレないのが最善の策だが、もし疑われた時に不倫相手との履歴を完全に消していても、バックアップやGPSから簡単にわかってしまうというリスクも知ったほうが良さそうだ。



アシュレイマディソン関連情報

オススメ記事

▲アシュレイマディソンで不倫をしてみたい方のための徹底ガイド-トップへ戻る