アシュレイマディソンで不倫をしてみたい方のための徹底ガイド


アシュレイマディソンについて
新着情報
カテゴリ
アーカイブ

後悔する不倫 楽しめる不倫

後悔する不倫 楽しめる不倫 

掲載日:2015年08月10日

楽しめる不倫
アシュレイマディソンを使って不倫をするのは大いに結構なことだが、今回は実際に不倫をした結果後悔したかというアンケートを見てみよう(参考:ウレぴあ総研 http://ure.pia.co.jp/articles/-/42336)

アンケートによると「不倫を後悔したか」という質問に対して一番多かった答えは「特に後悔していない」だという。男女合わせて48%が「特に後悔していない」と答えた。

次に多かった回答は「とても後悔した」が合わせて29%となった。

このアンケートをみると不倫を実際した男女の約半数は不倫に対してネガティブな印象を持たずに不倫を楽しんだと言えるだろう。

しかし、全体の52%が「後悔した」「代償を払った」「バレて関係が終わった」などの回答している。

さて、後悔した人の意見はどのようなものか。
「奥さんと別れて結婚すると言われたが嘘だった」「不倫相手には複数の彼女がいた」などの意見があった。

不倫という言葉の定義によるが、泥沼化してしまったり、遊びだと割り切れずに本気になったことから後悔したということだろう。

特に「不倫相手に複数の相手がいた」という意見はそもそも妻帯者なのだから、自分だけに100%の愛情が注がれると思う方がどうにかしているが、得てして女というものはそのようなものなのかもしれない。

さて今度はポジティブな意見を見てみよう。

「相手に奥さんがいるだけで恋をしていたことは変わらない」「不倫相手との出会いがあったので自分は成長できた」「いつも美味しい高級レストランに連れてもらえて最高だった」などの意見が並ぶ。

ネガティブとポジティブの境目は何かと言えば「遊び」と「本気」の差ではないだろうか。

「しかし恋は盲目であり、 恋人たちは自分たちが犯す愚行に気づかない」とはシェイクスピアのヴェニスの商人の有名なセリフだが、泥沼にハマってしまうと遊びの恋愛も思わぬ大怪我になってしまうかもしれない。

不倫や浮気はお互いの多少のリスクを背負って行うので通常の遊びよりも刺激的で快楽的なのだが、それで身を滅ぼしては元も子もない。

やはりリスクや身バレを最低限に抑えて不倫を楽しむのが賢い方法と言えそうだ。
SNSが発達している今、不倫専用SNSで遊ぶのがやはり最善の選択なのかもしれない。

アシュレイマディソン関連情報

オススメ記事

▲アシュレイマディソンで不倫をしてみたい方のための徹底ガイド-トップへ戻る