アシュレイマディソンで不倫をしてみたい方のための徹底ガイド


アシュレイマディソンについて
新着情報
カテゴリ
アーカイブ

チャットで…

チャットで… 

掲載日:2015年09月09日

人妻
38歳、主婦です。主人は海外に出張がちで、週に2回くらい友達の塾を手伝いをする以外は時間をもて余していたんです。男性とチャットできるサイトを見つけて、チャットを始めるようになりました。

 最初はちょっとエッチな会話から、いつしかオナニーの指示をされるようになり、そして露出の指示までされるようになりました。

恥ずかしいですが、相手の指示を受けてそれをチャットで報告すると新しい世界を知ったようになり、興奮しどんどんハマってしまいました。

 ただ、昼間ですし、長めのスカートやパンツを履いたり、カーディガンを羽織ったりして見えないようにしていたんですが、チャットではさも際どい事をしているように報告してはドキドキしていました。報告した後は、オナニーの指示されて何度も言葉に責められて果てさせられていたんです。

 それだけで十分満足していたつもりでした。そんな事を半年以上も続けて、どこか無防備になっていたんだと思います。小雨が降る日でした。傘を差して公園を歩いていたんです。すると後ろから声をかけられました。

 びっくりして振り返ると、恰幅のいい年輩の男性が傘も差さずに私を見下ろすように立っていたんです。いきなりお尻を掴まれて「いやらしい主婦だな、史子さん」と名前を急に呼ばれました。

 私はあまりの事に固まってしました。下着をつけていないのも、名前までばれてると思い、頭がパニックになりました。
「知り合いの秘密がバレされるのがいいのか?」と言われました。

 私に選択の余地はまったくありませんでした。公園の男性トイレに連れて入られた時、中には誰もいませんでした。「ここは人が来ます」と言っても男性は無言のまま、私はトイレの中の個室に押し込まれたんです。「犯される」恐怖と「ご近所さんに露出を知られる」恐怖が交互に頭に浮かびました。

 助けを呼ぼうとするたびに、ご近所さん達の顔が浮かびました。それは軽蔑の目で私を見る目でした。助けを呼ぼうとしても声が出せませんでした。個室に押し込まれて、私は壁に押し付けられ、男性にパンツのベルトを外され、ボタンとジッパーを乱暴に外されて、下に落とされました。

 そして無理矢理に割れ目をこじ開けられて中に指を入れられたんです。「痛い」思わず言ってしまうくらい擦られてヒリヒリして、でめ男性は私の中で容赦なく指で擦りながら、カーディガンの下のシャツの中に手を入れて来たんです。

 おっぱいを痛いくらい揉みくちゃにされて、乳首を痛いくらいつねられました。思わず「あっ」声が出るくらいに痛みが走りました。私はかんねんしていたんです。「せめて中には出さないでください」そうお願いするのがやっとでした。

 すると男性から、車から私が公園に入る姿を見てピンと来るものがあった事。それは2ヶ月も前から私を見ていた事。公園に決まった時間に来ておどおどした感じで15分くらい歩いて帰るのに不審を持った事。

 良く見るとパンティのラインが無い、それで露出かと思ってずっと見ていた、家までつけた、と言われました。私はもうどうしようもない、絶望的な気持ちにされました。そして、私は男性から背後から貫かれてしまいました。

 中には出さないで、そう何度もお願いしたのですが、私がお願いすればするほど男性の目が怖いくらいに意地悪になって行きました。「戸を開けるぞ」実際に戸が開けられ、男性トイレが見えました。誰もいませんでした。でも、いつ誰か来るかもわかりません。

 何度も何度も閉めて欲しいと懇願しました。すると男性は、中に出してとお願いしろ、妊娠させてとお願いしろ、奴隷妻にしてくださいとお願いしろ、と言われました。俺は閉めなくてもかまわないと言われて…見られる恐怖には勝てませんでした。

 私は「私の中に出してください、私を妊娠させてください、私をあなたの奴隷妻にしてください」と言ってしまいました…戸が閉められてから、男性は激しく私の中に出し入れされて…そして…ふぅ~と大きな息が頭の後ろにかかってから、私の中に熱いものが広がって行きました。

 その日から、私は御主人様の奴隷妻になりました。

アシュレイマディソン関連情報

オススメ記事

▲アシュレイマディソンで不倫をしてみたい方のための徹底ガイド-トップへ戻る